さらなる規制か? G20が仮想通貨に与える影響とは?

公開日: 

スポンサーリンク

優斗です。

年が明けてから世界各国で仮想通貨についての規制が報道されるようになってきました。

その影響を受けて価格も大幅に下落していますね。

同様の規制絡みで大きな影響を与えると言われているのが、G20での動向。

今回はそのG20についての記事です。

そもそもG20とは?

G20は、G7(後述)の7か国に、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、欧州連合・欧州中央銀行を加えた20か国・地域のことです。

G20財務大臣・中央銀行総裁会議は、これら先進国・新興国にIMF(国際通貨基金)や世界銀行などを加えたメンバーからなる会議です。

引用元:日本銀行HP

G7とはカナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、アメリカの先進国7か国のこと。上記に中国などを加えた20ヵ国地域の総称をG20と呼んでいます。

今回話題になるのが、G20財務大臣・中央銀行総裁会議

G20の国々の財務大臣、中央銀行総裁が一同に会し、世界経済を安定させる方策について話し合われる会合です。

次回は3月19日~20日にかけてアルゼンチンで開催されます。

次回のG20で仮想通貨の話題も?

そのG20財務大臣・中央銀行総裁会議で、仮想通貨について初めて取り上げられるのではないかと言われています。

参考:日本経済新聞 2018/1/19

ロイター通信によると、フランスとドイツは3月にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、仮想通貨の国際的な規制を呼びかける方針だ。フランスのルメール経済・財務相は18日、「ビットコインのリスクの分析や規制についてドイツとともにG20参加国に提案したい」と述べた。両国がパリでの共同記者会見で発言した。

フランスとドイツの共同提案で仮想通貨が議題になりそうです。

議題を決める議長国であるアルゼンチンは仮想通貨に友好的な国ですが、参加各国がみんなそういうわけにはいかないでしょう。

何らかの規制が必要だと考えている国は多いはずです。

スポンサーリンク

ちなみに麻生財務大臣は禁止ではなくバランスが大事だとの見解です。

日本は17年4月に仮想通貨と現金を交換する取引所を登録制とする規制を導入済み。麻生太郎財務・金融相は12日の記者会見で「なんでもかんでも規制すればいいというものではない。バランスをとりながらやっていかなければいけない」と話していた。

気になる価格への影響は?

規制が必要だとはいえ、完全に禁止する方向にはいかないでしょう。

韓国でも政府が禁止しようとした結果、世論の反発でとん挫しましたね。

多くの国でも同様のはず。仮想通貨を否定するよりも仮想通貨保有者を保護する方向に動くはずです。

禁止というより管理という方向でしょうか。

株式が株式市場という規制で管理された体制であるように、仮想通貨についても管理されていくのでしょう。

そのため、長期的に仮想通貨価格に影響をあたえることはないと考えられます。

 

ただし、短期的には規制は規制ですので上昇要因にはなりませんね。

G20が終わるまでは軟調な相場が続きそうです。

 

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑