ニートコイン(neetcoin)がcryptobridgeに上場!気になる価格は?

公開日:  最終更新日:2018/04/20

スポンサーリンク

優斗です。

今回も草コインNEETの情報です。

Neet coinがcryptobridgeに上場!

ニートコインに関するうれしいニュースです。

取引所cryptobridgeに上場しました!現在はNEET/BTCのみの取り扱いです。

ニートコインが上場している取引所は、CREX24coinhouseGRAVIEXに続いて4つ目となりました。

ニートコインを取引したくて以前GRAVIEXに登録したのですが(参考記事:NEETCOINがGRAVIEX上場! さっそくGRAVIEXに登録してみた)、今度からはcryptobridgeを利用して購入しようと思います。

そもそもcryptobridgeって?

cryptobridgeはブロックチェーン上で取引を行う管理者不在の取引所で、分散型取引所=DEXと呼ばれる方式です。

通常の取引所であれば取引所を運営する管理者がおり、管理者を通じて取引希望者同士が結ばれて取引が行われます。

日本でいえば取引所の運営者がbitFlyerやzaifやcoincheckのようなものですね。

スポンサーリンク

 

この方式ですと、取引所の運営者の管理方法に大きく依存してしまうというデメリットがあります。

最近取引所の不祥事も多いですが、管理している業者のシステムがハッキングされたら簡単に資産が流出してしまいます。

取引量が多ければ多いほどハッカーにも狙われやすくなってしまいますね。

 

非中央集権をめざすはずの仮想通貨ですが、それを取引するためには中央集権的なシステムを利用しなければならない。

こんな矛盾を解決する仕組みが分散型取引所なのです。

 

cryptobridgeはそんな分散型取引所(DEX)のひとつ。最近取り扱い銘柄も増えてきており、いわゆる草コインの扱いも行っています。

僕も保有するXPも取り扱いがあります。

さっそくcryptobridgeを見てみた

ニートコインが扱われているのかを見ようとcryptobridgeにログインすると・・・

 

トップマーケットに出ていました!

現在価格は0.0038BTC。出来高もわずかながらあるようです。

気になる価格への影響は?

まだまだ発展途上のニートコイン。価格はこれからというところですが、criptobridgeへの上場は好影響を与えるでしょう。

すぐに急騰!というわけにはいきませんが、今までの3つの取引所よりははるかにユーザー数も多く、取扱量が増えることが予想されます。

仮想通貨の価格は利用者数に応じて上がっていく傾向がありますので、これからの価格上昇に期待ですね。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑