NANJ・VIPSに続くか?開発が進む国産通貨3種紹介 その1: CHE・MANGA・CLIP

公開日:  最終更新日:2018/05/20

スポンサーリンク

優斗です。

VIPSがNANJCOINと同じ1satoshi売り出し方式でcoin exchangeに上場しました。

他にも有望な国産コインの開発が進んでいます。

 

なお、その2はこちらから。

NANJ・VIPSに続くか?開発が進む国産通貨3種紹介 その2:KNDC、NSOK、SKILL

VIPSがNANJと同じ方式で売り出し

VIPSTAR(VIPS)が波乱のcoin exchange上場を果たしました。

当初3satoshi以上に運営が買い板を並べて壁を作る→買いたい人は2satoshiに注文を並べることができる

という作戦でしたが、蓋を開けてみると上場数分で2000BTC以上の買い板が並ぶ展開に・・・

 

中には価格と注文量を間違えたのか、0.1VIPを500BTCで注文する人も。

 

coin exchangeはシステム上2satoshiで運営が売り注文を出しても、それ以上の買い板がある場合には価格が高い順に約定するシステムのよう。

結果として2satoshiで指値注文していた人は買えず、10satoshi前後で現在も落ち着く波乱の幕開けとなりました。

他にも開発が進む国産コイン

さてVIPSの上場は波乱の展開となりましたが、他にも国産コインの開発が進んでいます。

まだ売り出しが具体的に決定されているわけではありませんが、エアドロップで配布されているものもあるので、今後の動向に注目です。

今回はその中から3種類を紹介します。

CHE

発行枚数:500億枚

  • 仕様:ERC223トークン
  • 目的:取引所Crypto Harbor Exchangeで使用可能な独自トークン
  • 上場:coin exchangeに5月上場予定
  • ホワイトペーパー

 

1つ目は最も開発が進んでいるCHE。

新たな取引所Crypto Harbor Exchange(2018年12月開設予定)で取引手数料として使用可能なトークンです。

BinanceのBNBトークンや、HuobiのHTトークンのようなイメージです。

実際の使用がイメージしやすい仮想通貨は手が出しやすいですね。

いよいよcoin exchangeに上場しますが、それについては以下の記事をご参照ください。

※追記

上場は直前に中止となりました。CHEは再度上場に向けてリブランディング方針です。

 

MANGA

  • 仕様:ERC20トークン
  • 目的:クラウドファンディングの漫画版「クラウドマンギング」の設立
  • 上場:未定
  • ホワイトペーパー

マンガ文化の向上のための仮想通貨です。

漫画家が構想を公開し、読みたいと思った人がMANGACOINを通じてクラウドファンディングできる「クラウドマンギング」での使用が想定されています。

現在具体的な上場予定などはありませんが、エアドロップも実施。

(マイイーサウォレットの問題で現在は一時中止中のようです)

CLIP

  • 仕様:ERC20トークン
  • 目的:仮想通貨分析ツールの開発
  • 上場:未定

NANJやVIPSと同じく5ch発の通貨です。

まだまだ開発が始まったばかりですが、ゆくゆくは独自通貨へ移行する予定。

ホワイトペーパーもまだ公表されていません。

discordコミュニティ内で開発の構想が進められている段階です。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑