NANJがe-sports分野にも参戦!ビットキャッシュ株式会社とのコラボで応援プロジェクトを実施!

公開日: 

スポンサーリンク

優斗です。

次から次へと材料が投下されるNANJコインですが、また新たな情報が今日公表されました。

e-sportsチームの応援プロジェクトの実施です。

e-sports応援プロジェクトの実施

本日、ビットキャッシュ株式会社と共同でプレスリリースが発表されました。

e-sportsチームへのNANJCOINを使った応援プロジェクトの実施です。

アメリカ合衆国イリノイ州にて開催されるeスポーツ大会「COMBO BREAKER 2018」に出場する『CYCLOPS athlete gaming(サイクロプス アスリート ゲーミング)』所属のプロ格闘ゲームプレイヤー4名に対して、仮想通貨NANJCOINを使った直接的な応援、支援(いわゆるドネーション寄付)を行うことができます。同時に応援リツイートでリアルNANJCOINが抽選で当たる企画も実施致します。

引用元:2018/5/22発表 ビットキャッシュ株式会社 NANJ株式会社 プレスリリース

 

NANJCOINを使った寄付を行うことで、チームおよびe-sports大会を盛り上げようという企画です。

寄付はNANJ、ETHで行うことができ、公式アカウントのフォロー・リツイートでリアルコインが当たる規格も実施します。

 

詳細は以下のプレスリリースに記載の通りです。

ビットキャッシュ株式会社 NANJ株式会社共同発表プレスリリース
eスポーツと仮想通貨の発展を目指し、 ビットキャッシュとNANJCOINのコラボレーション企画が実現  世界で戦うeスポーツプロプレイヤーを 仮想通貨NANJCOINで応援しよう

e-sportsとは?

eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

参考:一般社団法人日本eスポーツ連合

ゲームをスポーツの一種としてとらえたものがe-sportsです。

日本ではまだまだ認知度が低いものの、世界規模では着実に盛んになってきており、2022年のアジアカップよりメダル種目として正式採用されることが決まっています。

スポンサーリンク

(参考:ファミ通.com 2022年アジア競技大会で“eスポーツ”がメダル種目に 2018年大会ではデモストレーションが開催

 

なお、日本でも2019年の国体より正式種目に加わるそうです。

スポーツを応援するというNANJのコンセプトからも、e-sportsの応援に利用することは理にかなったものといえます。

実需の高まりがないとどうしてもただの投機商品になってしまいますから、実際に使われる場面が想定できることは望ましいことです。

提携しているビットキャッシュ株式会社について

もう一つ注目すべきは提携先が「ビットキャッシュ株式会社」であるという点ではないでしょうか。

このプロジェクトで応援するチームをサポートしているのがビットキャッシュなのですが、そもそもこの会社はどんな会社なのでしょうか。

 

主な事業内容

1.電子マネー「ビットキャッシュ」の発行
2.電子マネー「ビットキャッシュ」を利用した電子決済サービスの提供
3.eスポーツ関連サービスの提供

引用元:ビットキャッシュ株式会社 HP

eスポーツも事業のひとつですが、メインは電子マネー「ビットキャッシュ」の発行と決済サービスの提供。

 

電子マネーと仮想通貨は似て非なるものですが、非常に親和性が高いと言えます。

ビットキャッシュ株式会社は、電子マネーを利用した決済についてのノウハウが蓄積されている会社であり、NANJが実際に決済手段として利用される未来を考えると、今回の提携は非常に大きな意味があると思います。

 

具体的に決済業務での提携が発表されたわけではありませんが、これを契機にNANJが発展していくことを望みます。

気になる価格への影響は?

記事執筆時点で35satoshi(0.32円)までじわ上げ中です。

急激に上昇することはないものの、おおむね好材料としてとらえられていると思います。

 

急騰すると急落しますからね。7月にはSDKのリリースも控えていますし、のんびりじっくりと成長していってほしいと思います。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑