続々と新規上場が決まるNANJ Stocks.exchangeではUSDT建ての扱いが決定!

公開日:  最終更新日:2018/06/26

スポンサーリンク

優斗です。

NANJの躍進が止まりません。続々と新たな取引所への上場が決定しています。

このまま盛り上がっていってほしいものですね。

NANJがStocks.exchangeに上場決定!

Stocks.exchangeにNANJCOINが上場することが決定しました!

Stocks.exchangeは多くの草コインが扱われている取引所ですが、正直coin exchangeと比較すると少し格落ち感が・・・

と思っていましたが、我らのNANJ株式会社はただ闇雲に上場を狙っていたわけではありませんでした。

 

今回、Stocks,exchangeではUSDT建てで取り扱われることになりました。これはかなりの進歩ではないでしょうか?

USDTとは?

USDTはアメリカの会社Tether社が発行する仮想通貨の一種です。

その最大の特徴は1USD(米ドル)=1USDT(テザー)となるように価格設定されていること。

 

法定通貨をTether社が預かる代わりにUSDTを発行しているため、法定通貨に裏付けられた価値を実現しているのです。

100% Backed

Every tether is always backed 1-to-1, by traditional currency held in our reserves. So 1 USD₮ is always equivalent to 1 USD.

参考:Tether社HP https://tether.to/

 

ユーザーが欲しい量に相当する法定通貨(この場合は米ドル)をTether社の口座に預けることで、USDTが払い出されます。

つまり、Tether社が相当額の法定通貨を保有していることを前提として、価格が維持されているわけです。

スポンサーリンク

まさしく金本位制を仮想通貨の世界で体現している仕組みです。

USDT建てが扱われるという意味

USDTは米ドルという法定通貨と連動した仮想通貨ですから、NANJもついに(ほぼ)フィアット建ての取引ができるようになったと言えます。

従来はBTC建てのみであったため、どうしても基軸通貨となるBTCの価格影響を受けがちでした。

ここにNANJ/USDTと法定通貨に近いペアができることで、より価格安定に強みが出てくるものと考えます。

さらに増える上場取引所

Stocks.echangeのほかにもCREX24(ニートコインも上場してますね)への上場が決定しており、さらにIDEX、bitpaction、bleutradeも準備進行中とのこと。

取引所の数が増えると売り圧力が分散され、価格の安定にも寄与するでしょう。

※追記

CREX24への上場は規格の違いからなくなりました。

その代わり、香港の取引所MIDEXで日本円建てで取り扱われることが決定しました!

参考:NANJCOINが日本円建てで取り扱い!MIDEX上場で誕生100日にして悲願達成!

 

SDKの開発も進んでいますし、今後にますます期待です。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑