④費用を減らす ふるさと納税

食べ物以外もお得 もらって良かったふるさと納税返礼品ベスト3

実質2,000円で、地方のさまざまな特産品がもらえる「ふるさと納税」。

 

その地域のおいしい食べ物に目が行きがちですが、食品以外の日用品・雑貨も豊富な種類がそろっています。

今回は僕がもらって良かった、返礼品ベスト3(食品以外)を紹介します。

 

 3位 爪切り 岐阜県関市

ふるさと納税返礼品でもらった関孫六の爪切り

 

  • 寄附先:岐阜県関市
  • 寄附金額:5,000円

 

「刃物の町」岐阜県関市へのふるさと納税でゲットしました。

 

室町時代から続く刀鍛冶「関孫六(せきのまごろく)」ブランドの爪切りです。

関市は鎌倉時代末期に刀鍛冶が移り住んで以来、刀の生産が盛んとなり、室町時代後期には日本刀の名産地として栄えました。

 

江戸時代以降、日本刀の技術を生かして包丁・カミソリ・ハサミなどの日用品の生産が行われるようになります。

明治時代の廃刀令により刀鍛冶は多くが廃業してしまいますが、国産初のポケットナイフの生産を行うなど、日本を代表する刃物メーカーが創業されました。

 

海外でも「SEKI MAGOROKU」の名で、高品質な刃物の代名詞として知られています。

 

実際に使ってみると、切れ味抜群でストレスがありません。

たかが爪切り、されど爪切り。目立たないですが、生活に欠かせない日用品として愛用しています。

 

 2位 風呂椅子 奈良県高取町

ふるさと納税返礼品でもらった旅館仕様の風呂椅子

 

  • 寄附先:奈良県高取町
  • 寄附金額:20,000円

 

奈良県高取町のダイワ産業が生産する、ヒノキの風呂椅子です。

 

よく温泉や旅館などに置いてありますよね。

これを使うことで自宅のお風呂が一気に温泉のようになりました。

 

実際にホテルや旅館等に向けて生産しているものですので、自宅がヒノキの香り溢れるリラックス空間になっています。

 

 1位 まな板 高知県四万十市

ふるさと納税返礼品でもらった檜のまな板

 

  • 寄附先:高知県四万十市
  • 寄附金額:5,000円

 

高知県四万十市へのふるさと納税でもらいました。

こちらもヒノキで作られているまな板です。

 

高知県四万十川流域は良質なヒノキの産地であり、四万十市で採れたヒノキを使用して生産されています。

 

こちらも置いておくだけでヒノキの香りがすごいんです。

ヒノキの香りって豪華な気分になれますよね。

 

 ふるさと納税返礼品で日常生活を豊かに

食べ物は一度食べるとなくなってしまいます。

一方で日常生活で使う雑貨は、使うごとにそのありがたみを感じることができます。

 

ふるさと納税返礼品はその地域の特産品ですから、もちろん品質のよいものがもらえます。

 

これらを実質負担2,000円でゲットできるのですから、ふるさと納税を利用しない手はありません。

あなたも日常生活を少し豊かにしてみませんか?

 

 ふるさと納税ならふるさと本舗

出典:ふるさと本舗

 

2020年7月31日まで、寄付金額の3%がamazonギフトで還元されます。

還元率3%は他のふるさと納税ポータルサイトの中でも、ダントツの還元率です。

 

3%の還元ということは、66,667円の寄付で2,000円が還元されるため、実質自己負担なしにできます。

安いものだと10,000円程度から返礼品がもらえますので、6種類の特産品をゲットできますね。

 

出典:ふるさと本舗

 

さらに新規会員登録をした方で、総額50万円のamazonギフトを最大400名で山分けにするキャンペーンも実施中。

当選すると50万円÷400名=1,250円ですので、3%還元キャンペーンと組み合わせるとさらにお得です。

 

\ふるさと本舗でお得にふるさと納税してみる/

公式サイトはコチラ

 

ふるさと納税で日常生活を豊かにしましょう。

 

ふるさと納税アイキャッチ
参考【初級者向け】ふるさと納税でお得になっている実感がない理由 還付のスケジュールについて

難易度:★★(初級者向け) 今回は「④費用を減らす」話です。 特産品がもらえる上に、寄付した金額の分だけ税金が安くなる「ふるさと納税」。 あまりお得になっている実感が得られないのですが、どのようにお得 ...

続きを見る

ふるさと本舗 アイキャッチ
参考ふるさと本舗でお得にふるさと納税 3%還元+新規登録会員へ総額50万円山分けキャンペーン実施中

地域の特産品を自己負担2,000円でゲットできるふるさと納税。 ただでさえお得なふるさと納税を、さらにお得にすることができるサービスがあります。

続きを見る

カテゴリー

  • この記事を書いた人

優斗

30代の公認会計士。家計改善アドバイザ―です。 企業の会計を数多く見てきた僕だからこそ伝えられる、個人の家計改善に役立つお金の基礎知識をブログで書いていきます。

-④費用を減らす, ふるさと納税
-

© 2020 今こそ知りたいお金の話 Powered by AFFINGER5