仮想通貨取引所

国内取引所を複数開設すべき3つの理由

2018-03-02

優斗です。

みなさん取引所はいくつ使っているでしょうか?取引所を1つしか開設していないのはリスクが高いです。

そんな取引所のお話です。

ポイント

  • 取引所を1つしか開設しないのはリスクが高い
  • 複数取引所の解説でリスクヘッジを

 

取引所を1つしか開設していないことのリスク

仮想通貨を購入するには取引所で口座を開設しないといけないですよね。

みなさんはいくつ取引所の口座を持ってますか?

 

僕の場合は、bitFlyerZaifcoincheckLiquid by Quioneと4つ開いています。

それに加えてbitbank.ccとDMM bitcoinも開設準備中。

 

1つだけしか開設していないと以下のリスクがあると考えています。

  1. 取引所のGOXリスク
  2. サーバーダウン時の機会損失リスク
  3. 多様な銘柄を扱えないリスク

以下、この3つを解説していきましょう。

 

1.取引所のGOXリスク

取引所に仮想通貨を預けていると消失するGOXリスクがあります。

コインチェックのような流出事件があると返ってこないリスクです。

 

今回はコインチェックが独自に補償を決めていますが、必ずこのように補償されるとも限りません。

また、取引所が倒産した場合も同様に返ってこないものと思った方がよいでしょう。

 

僕は基本的にはLedger NanoS などのウォレットに入れて保管しているのですが、それでも取引するには取引所に置くことが必要。

どうしても置きっぱなしになる通貨があります。

1つしか取引所がないと全ての通貨を失ってしまうリスクがあります。

 

2.サーバーダウン時の機会損失リスク

最近は取引所のシステムトラブルも増えてきました。

購入したい時に購入できないと機会損失ですね。

 

3.多様な銘柄を扱えないリスク

取引所によって扱っている銘柄が異なります。

また、銘柄によって販売所であったり取引所であったり扱いが異なることもありますし、手数料も異なります。

銘柄によって取引所を使い分けることができれば、よりお得に仮想通貨を購入できます。

 

僕の開設している取引所をご紹介

僕が使っているのはbitFlyer、coincheck、zaif、Liquid by Quioneです。

最初に開設したのはbitFlyerで最初は全てbitFlyerで取引していましたが、少しずつ買いたい銘柄が増えて来たので他の取引所も開設しました。

 

なお、国内に仮想通貨取引所は全部で23社あり、以下の記事で詳しく解説しています。

国内取引所23社徹底比較
参考【資産運用上級者向け】仮想通貨(暗号資産)取引所 国内全23社を徹底比較!その1

難易度:★★★★★(資産運用上級者向け) 仮想通貨(暗号資産)取引所は何を使えばいいかわからない。 そんな方のために、国内全23社の取引所を、取り扱い銘柄、手数料、特徴など比較してみました。 &nbs ...

続きを見る

国内取引所23社徹底比較
参考【資産運用上級者向け】仮想通貨(暗号資産)取引所 国内全23社を徹底比較!その2

難易度:★★★★★(資産運用上級者向け) 仮想通貨(暗号資産)取引所は何を使えばいいかわからない。 そんな方のために、国内全23社の取引所を、取り扱い銘柄、手数料、特徴など比較してみました。 分量が多 ...

続きを見る

 

Liquid by Quione

取引所名:Liquid by Quione

運営業者:QUOINE株式会社(登録番号:関東財務局長第00002号)

取り扱い銘柄:BTC、ETH、BCH、QASH、XRP

取引所の特徴

  • 豊富な通貨ペア数(現物取引34通貨ペア・レバレッジ取引12通貨ペア)
  • 100%コールドウォレット保管
  • スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、Android)
  • 現物取引手数料無料、レバレッジ取引手数料0.025%
  • QASHトークンの取り扱いあり

 

目玉は法定通貨ペア数が国内最大の34通貨ペアであること。

取引手数料はベース通貨(日本居住ならBTC/JPY)は無料、その他は0.25%、ただしETHを含むペアは0.1%です。

レバレッジも最大4倍まで対応しています。

改善点をあげるとすればやや操作性に欠ける点でしょうか。それ以外は文句なく使える取引所で、僕もQASHのICO参加時に開設しました。

 

気になる方はこちらから>>>取引手数料0円!【QUOINEX】

 

bitFlyer

取引所名:bitFlyer

運営業者:株式会社bitFlyer(登録番号:関東財務局長第00003号)

取り扱い銘柄:BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、ETC、MONA、LISK、BAT(BTC以外は販売所)

取引所の特徴

  • 初めての日本発取引所
  • 取引量日本一
  • 金融機関など大手企業からの出資が多数

おなじみのbitFlyerです。

取引所としての歴史も古く2014年に開始。加納代表が日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めていること、取引所で初めて監査法人の監査を受けたことなど、日本の取引所の先駆けのような存在です。

 

取り扱い銘柄も主要コインは揃えていますが、BTC以外は販売所としての扱いです。

信用取引もレバレッジ最大4倍まで設定できます。

 

手数料は0.01%~0.15%。

販売所で取引する場合手数料はかかりませんが、そもそもの販売価格に手数料が織り込まれているので割高になってしまいます。

BTCの取引では文句なしですが、アルトコインは他の取引所のほうがよいかもしれません。

 

Zaif

取引所名:Zaif

運営業者:株式会社フィスコ仮想通貨取引所(登録番号:近畿財務局長第00001号)

取り扱い銘柄:BTC、ETH、NEM、MONA、BCH、COMSA、ZAIF、XCP、FSCC

取引所の特徴

  • NEMの取引所取引が可能
  • 日本初のICO銘柄COMSAなど独自トークンの取り扱い多数
  • Zaifコイン積立で積立投資が可能

ZaifといえばZaifトークンをはじめとする独自トークンの取り扱いが豊富です。

日本初のICOであるCOMSAもZaifで取り扱っています。具体的な上場計画はまだ発表されていませんが、発表が待ち遠しいですね。

 

またZaifコイン積立を設定することで、毎月自動で定額の仮想通貨購入ができます。

積立投資を行うのに便利ですね。積立投資のメリットはこちらの記事参照

ドルコスト平均法アイキャッチ
参考【初心者向け】積立投資のメリット「ドルコスト平均法」の功罪

難易度:★(初心者向け) 今回は「①資産を増やす」のお話です。 ドルコスト平均法が有利だと信じているあなたに、本当に利益を上げられる手法なのか解説していきます。 ポイント ・ドルコスト平均法は必ずしも ...

続きを見る

 

カテゴリー

  • この記事を書いた人

優斗

30代の公認会計士。家計改善アドバイザ―です。 企業の会計を数多く見てきた僕だからこそ伝えられる、個人の家計改善に役立つお金の基礎知識をブログで書いていきます。

-仮想通貨取引所
-

© 2020 今こそ知りたいお金の話 Powered by AFFINGER5