①資産を増やす 株式

【初級者向け】少額投資は本当にやるべきか?今流行りの少額投資のメリット・デメリット

2020-05-26

難易度:★★(初級者向け

今回は「①資産を増やす」話です。

最近、少額でできる投資が増えてきています。

資産運用の観点から、これらは果たして有効なのか?まとめてみました。

ポイント

・少額投資は資産を増やす意味では、あまり効果的ではない

・ただし、損失も限定的であるため、投資の勉強のためには有効

 

最近話題の少額投資ができるサービス

株式の購入は敷居が高い?

株式投資を始めるためには、証券会社で口座を開設し、株式を買う必要があります。

では、株式を買うのにどのくらいのお金が必要でしょうか?

 

一般的に株価は安いもので100円程度、高いもので数万円となっています。

ただし、100株や1,000株を1単元として、単元ごとに取引が行われるのが一般的です。

そのため、安いものでも数万円は投資資金が必要です。

 

銘柄によっては安いものもありますが、記事執筆時点で1単元1万円以下の銘柄は57銘柄のみ。

安い株式というのは業績が悪かったり、財政状態が悪化していることで株価が下落していることも多いですから、あまり投資対象として選ぶべきでない銘柄が多く含まれています。

 

1株から買えるサービスが登場

通常100株単位で取引される株式ですが、最近では1株から株式を購入できるサービスも登場しています。

これらはスマホからの操作に特化しているものも多く、気軽に投資を行うことができるサービスとなっています。

 

具体的な少額サービス4種類

 ネオモバ

SBIネオモバ

出典:SBIネオモバイル証券

運営会社:株式会社SBIネオモバイル証券

取引手数料:月額220円(税込)

最低投資金額:1株500円~

投資対象:東証・名証・福証・札証上場銘柄

その他サービス:FX、IPO、iDeCo

ポイント

・投資対象は国内上場銘柄すべて

・取引手数料は月額固定。同額のTポイントが毎月もらえる。

・Tポイントで株式が購入できる

ネオモバは国内各取引所の上場銘柄を基本的にすべて取り扱っています。

他の同様の取引所では、有名企業を中心に銘柄が限定されていますが、ネオモバを利用するとマイナー銘柄を購入することもできます。

 

また、手数料は月額固定で取引し放題

月額200円ですが、Tポイントが200ポイント毎月もらえるので、実質無料となっています。

Tポイントを購入資金にできるのも、ポイ活をしている方には魅力的ですね。

 

\Tポイントで気軽に投資/

詳しくはコチラ

 

LINE証券

LINE証券

出典:LINE証券

運営会社:LINE証券株式会社

取引手数料:1万円分購入 0円、1万円分売却 99円

最低投資金額:1株数百円~

投資対象:国内株式300銘柄、上場投資信託(ETF)15銘柄

その他サービス:現物取引、信用取引

ポイント

・LINEから手軽に起動

・購入手数料は0円と低コスト

LINEと連携しているLINE証券では、LINEから気軽にアプリが起動できます。

また、購入手数料0円と手数料も低水準。ただし売却時の手数料は他よりも高めのため、この点でのメリットはあまりないかもしれません。

いずれにせよ、気軽な投資が売りであるといえます。

 

▼LINE証券の登録はバナーから

LINE証券口座開設

 

 One Tap BUY

onetupbuy

出典:One Tap BUY

運営会社:株式会社One Tap BUY

取引手数料:0.5%

最低投資金額:1,000円

投資対象:国内株式326銘柄、上場投資信託、REIT8銘柄、米国株式64銘柄、米国ETF22銘柄

その他サービス:積立投資、CFD取引、IPO

ポイント

・米国株式・ETFも購入可能

・スマホアプリから手軽に投資ができる

One Tap BUYは、国内株式のみならず、アメリカの株式も64銘柄取り扱っている点が魅力です。

分散投資の観点からは、外国株式を購入し、リスクを分散させることも大切です。

 

また、株単位ではなく、金額単位の取引となります。

自由に投資金額を決めることができるのもメリットといえますね。

 

 FOLIO(フォリオ)

folio

出典:FOLIO

運営会社:株式会社FOLIO

取引手数料:0.5%

最低投資金額:1万円台~

投資対象:テーマに組み込まれた国内上場株式

その他サービス:ロボアドバイザーによるおまかせ投資

ポイント

・「AI」「VR(仮想現実)」「キャッシュレス」などのテーマに組み込まれた株式を購入できる

・取引手数料は単元未満株式取引としては業界最低水準の0.5%

FOLIOは複数の株式でテーマが構成されており、そのテーマに対して投資を行うサービスです。

一から自分で購入する銘柄を選ぶのも大変なもの。

この点、銘柄がテーマごとに選ばれているため、興味のある分野を選ぶだけで済みます。

 

気軽に投資したいけども、何に投資すればよいのかわからない人にオススメです。

 

少額投資は効率的な投資方法か?

手軽さが魅力の少額投資ですが、資産運用の観点からお得なのでしょうか?

 

元本が少ないと利益も少ない

残念ながら資産運用の観点からは非効率的です。

なぜなら元本が少ないので、得られる利益も少ないからです。

 

例えば、1株1,000円の株が10%値上がりして1,100円になったとしましょう。

10%の値上がりはかなりパフォーマンスのよい結果ですが、1株しか買っていない場合には得られる利益は100円にしかなりません。

 

1単元(=100株)買っていれば、10,000円の利益です。10単元買っていれば、10万円の利益になります。

このように投資の利益は元本×利益率で決まります。

元本がそもそも少ない少額利益では、多額の利益をあげることは難しいため、非効率的な投資と言わざるを得ません。

 

利益が少ないということは損失も少ない

では少額投資にメリットはないのか?

そんなことはありません。利益が少ないということは損失も少なく抑えることができます。

 

いきなり多額の投資を行うのはリスクが高いです。

株式投資を行ったことがない方が、勉強のために少額投資を行うことは、非常に有効だと思います。

元本が少ない分、値下がりしても諦めがつくと思いますし。

 

まとめ

ポイント

  • 少額投資では多額の利益を上げられず非効率的
  • ただし損失も限定的なため、資産運用初心者の方が最初に始める投資としてオススメ

 

少額投資以外の投資手法は、以下の記事から。

投資手段11種アイキャッチ
参考【初心者向け】投資手段11種類の解説 資産を増やす方法は?

  難易度:★(初心者向け) 優斗です。今回は「①資産を増やす」についての話です。 資産を増やす具体的な運用方法11種について解説していきます。

続きを見る

 

カテゴリー

  • この記事を書いた人

優斗

30代の公認会計士。家計改善アドバイザ―です。 企業の会計を数多く見てきた僕だからこそ伝えられる、個人の家計改善に役立つお金の基礎知識をブログで書いていきます。

-①資産を増やす, 株式
-

© 2020 今こそ知りたいお金の話 Powered by AFFINGER5